ナラタージュ 有村架純 映画鑑賞したい秋^^

今回は、身近な話題を。
映画館へ行ってみたくなったかも
(映画館はいつ行ったか忘れたほどご無沙汰…心の余裕がないからか、自慢してるわけでもない)
北陸新幹線車内には、JR関連会社発行の情報誌2種類があります
9月の鎌倉帰りの車内で、ペラペラとメクルと たまたま目にした記事に映画のハナシが…
!見たことある所…
何かのネタになるかな?と スマホで記録していたのを思い出した映画はTVで話題になったりしてるけれど、この場所は、静かなままであってほしいかな…

★追記★
11月26日観てきました。
近くのイオンシネマでは今月末までと知り慌てて。
で、映画は…とてもとても切なく、、だれかに寄り添いたくなる物語&映像、、、
⇩敢えて、新幹線内では、熟読してませんでしたが書いてあるとおりの作品でした。
e0362689_2013240.jpg



ページめくり。あっ❗️見覚えある景色⁉️ 撮ったことある鉄橋だ…
お隣の富山県 とくにこの辺りや山手を撮りたくなるのは
自分の心の中に閉まってある思いのせいかもしれない
この映画の中では、あの景色がどう映るのかな
けれど、物語的には 大の男子が単独で行くモノでもないなぁあ…
e0362689_20103216.jpg
写真追記 2017.1.1撮影
右側の煙突
ここから、もう少し上流に 1枚目冊子の万葉線の鉄橋があります
葉山先生の家は、ここよりもう少し下流かな
e0362689_20532956.jpg

トラックバックURL : https://seadream7.exblog.jp/tb/26106496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ukico32744 at 2017-10-12 21:53
小説は、もう何年も前に読んでて、最後に号泣した覚えがあります。
あの頃、ワタシも若かったんだわ(笑)
これ、恋愛小説の中でも、好きな10本の指の中に入ります。
映画はいかがでしたか?
誰かに寄り添いたくなる気持ちになりませんでしたか?
Commented by seadream_t at 2017-10-12 22:28
ukiさん 先ず最初に 文章下手くそで ごめんなさいm(_ _)m
映画は、まだ観ていません。
あの場所で、自分が想いを秘めて見てた景色が映画ではどう映るのか、
ストーリーも とても切なそうで涙腺弱く苦手、
でも、観てみたいということ なんです。原作は、そうなんですね…。
だれかに寄り添いたくなるのなら、なおさら 独りではこわくて観れないかな…
いつもblogで話に登場するオットがいるukiさんと 札幌で観るわけにもいかないし 笑い
Commented by uki at 2017-11-28 16:18 x
こんにちは(^-^)
鎌倉検定では、応援ありがとうございました。

ナラタージュのロケ地として選ばれたこの町を、seadreamさんの感性で、写真に撮って紹介してくださいね。
ストーリーがけっこう胸に刺さるだけに、風景は至って普通で、優し気で懐かしい感じのする場所が良かったのでしょうね。
Commented by seadream_t at 2017-11-28 20:47
ukiさん 先ずは鎌倉検定、ほんとにお疲れさまでした^^
前回のときから、きっと心の隅にずっといつかは、と、思い続けていたのでは、と思います。
結果は、…でも、ukiさんは、ぼくみたい弱虫じゃないからね 笑
貴女のblog、最終日は、しっかりと 鎌倉を楽しんでるし。
ぼくも、雲母の抹茶あんみつを食べたいー‼️
でも、大のオトコとすれば、独りあんみつは、恥ずかしい 笑
しかもナラタージュ観たら、やっぱ人間は、独りで いられないと改めて思ってしまいました笑
Commented by seadream_t at 2017-11-28 21:11
さて、ナラタージュ。回想の演出が、なおのこと引き込みますね。原作もそうなのでしょうか…

葉山先生は、泉に妻と離婚しているみたいに嘘をついてた。
泉は、寂しさ紛らわすのに他の恋を受け入れたけど、 結果、葉山先生忘れられなく彼に酷いことした。
なんだか、曖昧で都合のよい恋… でも、それはある意味純粋なこと。引き込まれてしまいました。
泉を演ずる 有村架純の 『なんでもします』のコトバに クラっと 苦笑
ぼくなら、絶対 泉を幸せにすると思うけど、、物語の世界はそれでは面白くないのかな。
ロケ地の射水市内川は、今年正月や後に数回、自分が一人で歩き撮った静かな所
そこに葉山先生の家があり泉が最後の夜を過ごす。早朝のラストシーンに泉が万葉線に乗る中伏木駅や 電車から最後の姿を見るシーンの場所、そのまんまでは無いと思うけど
自分には、実際に歩いた所と切ない物語の映像が重なり合い、とても こころに刺さる映画でした。
監督さんが、この富山の地をよくぞ選んだと思うし、昨年の夏の撮影なのに てっきりそうは思えない
冬の演出で。金沢じゃ この映画は無かったと思います。
ワイン飲みながら感想文でした^^
by seadream_t | 2017-10-12 20:21 | toyama sanpo | Trackback | Comments(5)

春夏秋冬 気の向くまま


by seadream_t